科学技術の発展と地球貢献を実現する

科学技術の発展と地球貢献を実現する

科学技術の発展と地球貢献を実現する

主要事業

ヒューマン・キャピタル事業

ヒューマン・キャピタル事業

顧問派遣・コンサルティング事業

大企業の経営経験者、ベンチャー企業のExit経験者、経営に関わる様々な分野の専門家がもつ知識や人的ネットワークという資産をヒューマン・キャピタルと捉え、テクノロジーベースのベンチャー企業や中小企業向けに活用するための顧問派遣事業、コンサルティング事業を展開します。
特にヘルスケア、創薬、教育など規制や制約の多い事業分野はそれを踏まえた事業計画が必要となるため、その道の経験者や専門家のノウハウを次世代の企業経営に活かすための仕組み作りを行います。


投資育成事業

リバネスとの共同開発事業により事業シナジーが見込まれる企業に対しては、資本連携を積極的に行います。ヒューマン・キャピタルによる支援を最大限効果的なものにするため資金的な支援を並行して行うことで、対象企業の研究開発や事業展開がよりスムーズに進むよう尽力します。

環境開発事業

環境開発事業

資本政策や事業計画の作成、経理業務、ウェブサイト構築など、創業期の経営環境を整えるサポートを行います。研究者・技術者中心に少人数で起業する際の管理業務全般に関する相談や一部管理業務の受託を通して、企業の成長フェーズに合わせた業務フローの構築を提案します。

情報開発事業

情報開発事業

Salesforce等のクラウドアプリケーションを活用して企業に眠る膨大な情報を見える化し、経営力の効果的な向上につながる情報システムに関する提案、開発を行います。
当面は主にリバネス及びグループ企業に向けた提案を行いグループ全体の経営力向上を目指し、投資先・支援先企業へと順次展開していく予定です。

リリース

ボードメンバー

池上昌弘(いけがみ まさひろ)
池上昌弘(いけがみ まさひろ)
東京工業大学生命理工学部卒業。2002年6月に株式会社リバネスを立ち上げ、取締役CFOに就任。これまでに50社以上のベンチャー企業のコーポレート、ファイナンス面を支援。2014年12月より大学発の研究開発型ベンチャーに特化した投資ファンド、リアルテックファンドの運営会社の業務執行役、2020年1月より株式会社リバネスキャピタルの代表取締役に就任。
花井陳雄(はない のぶお)医学博士
花井陳雄(はない のぶお)医学博士
1976年協和発酵工業入社後、抗体医薬の研究開発における第一人者として活躍。2003年には、自らが開発した抗体医薬関連の技術導出のため、米国BioWa社を設立、社長に就任して会社運営を担った。協和発酵キリン発足後は開発本部長として数多くの製品開発を指揮、2012年に代表取締役社長に就任し、自身が創製・開発に関わった各製品の上市を果たすとともに、国内外大手製薬企業との提携や英国でのM&Aも実現。2018年代表取締役会長、2019年取締役会長に就任、2020年3月に退任し、同年5月よりリバネスキャピタル取締役に就任。
森安康雄(もりやす やすお)修士(技術経営)
森安康雄(もりやす やすお)修士(技術経営)
元ベネッセホールディングスEdTech Lab部長。ベネッセ在職中は30年以上にわたりデジタル教育事業開発を中心とした国内外の関連業務をリードし、Udemyの日本導入などR&Dから事業化までのプロセスに数多く関わった。2016年11月ベネッセ退職。2017年2月にリバネスに第三新卒第一号として入社し、教育開発事業、人材開発事業を担当。同時に教育総合研究センター主席研究員として自己効力感開発に繋がる「ワクワク」研究に取り組んでいる。2020年5月よりリバネスキャピタル取締役に就任。
津久井雅美(つくい まさみ)
津久井雅美(つくい まさみ)
2009年6月にリバネス初の環境開発部門の人材として入社。国からの委託事業などをはじめとしたプロジェクトにメンバーとして携わりながら、総務、労務、経理、代表支援と多岐にわたる業務を経験し、現在では社員と共に伴走する環境開発部門の統括を行っている。

ポートフォリオ

人材募集

人材募集

「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念に共感し、共に成長し合える仲間を募集しています。

会社概要

会社概要

リバネスキャピタルの理念や設立に至る思いを紹介しています。